読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざチューブレスタイヤへ(4)で、結局なにが違うわけ?

cycling 荒川 美味しい

 前後ともホイールをSHIMANO WH-RS81-C35-TLに履き替えて、ややロングを走ってみました。

 10/4日(日)はれ。午前中は南東の風1m/s、夕方から東の風2〜3m/sくらい。5時間33分(バイクタイム4時間35分)122.64km。

f:id:seuzo:20151005144022p:plain

 いろいろな要素があるとは思いますが、今年5月のデータと比べると少し速くなっています。実感としてはあまり変わらないのですが、おそらくベストタイムに近い記録です。

短い距離ではどうか

 もう少し短い距離だとどうでしょうか? いつもトレーニングで走っている10km×2本のマイTT区間での記録を2本見てみます。

f:id:seuzo:20151005144016p:plain

f:id:seuzo:20151005144019p:plain

 比較対照としてこちらのエントリと比べてみても、かなりよい成績だとわかります。

体感として

 とにかく静か。タイヤの接地が静かで柔らかいので、頑張ってる感じがしません。でもこれってチューブレスの本質的な良さなのか、タイヤがいいだけなのか? いまひとつわかっていません。以前のホイールAR-713にタイヤPanaracer RACE L Evo2 light+チューブはMICHELIN LATEX AIRCOMP A1 でした。

 30km/h巡航だと、体感は変わらないものの乗りごこちの良さで気持ちよく走ることができました。この一点で、もう元に戻したくなくなっています。元のホイールをトレーニングで使いたおす予定なので、気持ち的に困ったことです。

 ちょっと曲がりにくい、というか車体を傾けにくい感じがします。よくいえば高速安定性があるってことだけど、慣性力が強いのかもしれません。高速というほどではありませんが、以前は35km/hくらいに壁があってひと頑張り必要でしたけど、40km/hまですぅーっと出ような感じでした。おそらく50km/sくらいまでひっかかりはありません(それ以上は脚力のひっかかりが^^)。


 ちなみに、熊谷へ行った日のお昼は熊たまやで肉ねぎつけ汁うどんと卵かけごはんセットをいただきました。

f:id:seuzo:20151005144001j:plain f:id:seuzo:20151005144008j:plain

 ここ、ただの駅ナカうどん店にあらず。武蔵野うどんっていうカテゴリだとトップクラスに美味しいです。うどんが出てくるまでの間、マイ七味をブレンドするのも楽しい。麺がつるつるしつつ、香りもいいので、麺追加しちゃいました!(カロリーオーバーです)