関東平野の端っこ、渋川へ

 普段、誰かと一緒に走ることはほとんどないんですけれど、先週の金曜日に突然プランが舞い降りてきて、友人と一緒に群馬県の渋川まで走ってきました。19日の日曜と20日の海の日を使って一泊二日の行程です。天候にも恵まれ、まさに関東平野の端っこまで「マッタイラに1000点!」です。

 19日はれ、無風〜南東の風3m/s、132km、10時間9分(バイクタイム7時間8分)。

f:id:seuzo:20150722155323p:plain

 はい、いきなりパンクしました。厄落としやくおとし。御足のご出演は、一緒に走っていただいたTさんです。唐突な誘いにもかかわらず、こころよく応じていただきました。100km超のサイクリングは初めてということで、ヘルメットやレーパンも急遽買いそろえました。

f:id:seuzo:20150722155314j:plain

 お昼ごはんは、熊谷の味彩で舞茸天丼小+田舎汁蕎麦いただきました。道中があまりに楽しくて、写真撮ってる暇なかった!

 熊谷を抜ければ、あとは利根川です。時間は13時過ぎ、太陽がいっぱいです。

f:id:seuzo:20150722155306j:plain

 熊谷から伊勢崎市あたりまで利根川CRでいけました。利根川下流域のように民家が見えなくなることもなく、赤城山の壮大な眺めをずっと楽しめました。国道462号の坂東大橋までは右岸を走り、国道354の伊勢玉大橋まで左岸を走りました。坂東大橋の3〜4km手前、伊勢崎市立境島小学校の裏手あたりに、東屋と水飲み場、自販機などを備えた給水ポイントがありました。存分に水浴びしたのは言うまでもありません。

 午前中にパンクした時、タイヤの中央が1mmくらい穴があいていましたので、前橋市内の自転車店サイクルハウスWISHさんでタイヤと予備チューブを購入しました。

f:id:seuzo:20150722155248j:plain

Panaracer(パナレーサー) RACE L Evo2 [light] 700×23C ブラック F723-RCL-B2

Panaracer(パナレーサー) RACE L Evo2 [light] 700×23C ブラック F723-RCL-B2

 店内ではケイデンスとトルクの関係などの講習会が開かれていましたよ。店先でさっそくタイヤ交換。   f:id:seuzo:20150722155257j:plain

 ポンプをお借りしたら、口金がKUWAHARA HIRAME ポンプアダプター 横型がついていて、ものすごく使いやすかった! いつかはヒラメ、さっそく購入リストに追加だ!

 旅館は北橘温泉 | たちばなの郷 城山さんでお世話になりました。利根川から見てちょうどこんもりとした50mくらいの小山の頂上に天守閣風の建物です。斜度6%くらいを700mくらい登るんですけれど、これがこのサイクリングのほぼ唯一の坂でした。心拍数を171まで上げて、ビールの美味しくなる魔法がかかりました。

f:id:seuzo:20150722155408j:plain



 翌20日は少し早起きをして散歩しました。新しい朝、旅館を出てすぐの風景がこれです。榛名山と利根川を一望です。

f:id:seuzo:20150723221226j:plain

 歩いて10分くらいのところに木曾義仲ゆかりの木曽三社神社があったので散策しました。

f:id:seuzo:20150723221217j:plain

 境内には湧水池があり、その透き通って清廉な水で、わたしのどす黒い心をざぶざぶ洗い流せたらどんなにすっきりするでしょう。

f:id:seuzo:20150723221208j:plain  

 帰り道もはれ、南東の風2m/s〜無風、137km、10時間49分(バイクタイム7時間8分)。

f:id:seuzo:20150722155355p:plain

 お昼ご飯は、熊谷の歓喜院(妻沼聖天山))横のみよしで冷や汁うどんをいただきました。麺はしこしこだし、天ぷらは揚げたてだし、おつゆはツルツルで美味しいかったです。

f:id:seuzo:20150723221200j:plain

 荒川の帰路は左岸を走ったんですが、成り行き上、榎本牧場でアイスを食べながら休憩しました。なんだかもう、食べてばっかりだな。

f:id:seuzo:20150723221305j:plain

 

 友人がはじめての100km超を走って何を感じたかはわかりません。「暑くておしり痛くてもうこりごりだなあ」と思ったかもしれないし、「こんどはひとりで走ってみよう」と思ったかもしれません。100kmという距離にドキドキできるのはほんのわずかな間です。そういう時間を一緒に走れてほんとうによかったと思います。おしりの痛みがひいたら、また走りましょう!

f:id:seuzo:20150723221259p:plain