四国上陸(4)和歌山−難波(近鉄)−名古屋

 た、タイトルに偽りあり! すいません。もうすでに四国は出ているんですが、一応続きものなのでタイトル統一しています。ワカヤマ第二富士ホテルさんの朝。

f:id:seuzo:20170623163426j:plain

 朝ごはん。

f:id:seuzo:20170623163437j:plain

 6月4日(日)はれ。2-3m/sくらいの東の風。大阪市の最高気温25℃。4時間8分(バイクタイム2時間54分)72.12km。

f:id:seuzo:20170623163515p:plain

 実は3日前に岡山を出てからずっと、目の充血と鼻水が止まらなかった。おそらくこの時期の西日本の花粉的なもの。思えば、昨日の頭痛もアレルギーがひどくなったのかも。早く薬飲めって話。

f:id:seuzo:20170623163418j:plain

 紀ノ川を越え、和歌山大学の横を通って日本列島の中央構造線を越えます。心配するほどの起伏はなく、すんなり走れました。和歌山市から難波まで主に国道26号船ですが、ものすごく走りやすい道でした。トラックはいないし、路側帯がやたら広いし。ただ、スーパーやらショッピングモールに出入りするおばちゃんドライバーが、追い越しざまにウインカーなく左折するんです。まあ、日曜の午前中でしたから。

 途中、岸和田城の二の丸みたいなところで剣道の練習をしていましたが、掛け声の気合すごい。中でけが人出てるんじゃないか、心配になるレベルでした。こ、こわい。これが岸和田なのか?

f:id:seuzo:20170623163408j:plain

 道がいいので、あっという間に難波に到着。

f:id:seuzo:20170623163358j:plain

 今日はもう自転車に乗らないということで、店員さんにも断って、お好み焼きでカシュ。自転車の旅で何が楽しいかって、ほとんど無計画なところだよ。

f:id:seuzo:20170623163312j:plain

 近鉄難波で輪行の準備。梱包してたら、ご同好のカップルに声かけられました。「そのジャージ、めっちゃいいですね」と。

f:id:seuzo:20170623163304j:plain

 名古屋へ。

f:id:seuzo:20170623163321j:plain

f:id:seuzo:20170623163255j:plain

近鉄特急は2列シートしかないので、ぎりぎりでした。

f:id:seuzo:20170623163247j:plain

ななちゃん。キミだけがぼくの帰りをまっていてくれる。

f:id:seuzo:20170623163209j:plain

 かあさん、ぼくが名鉄グランドホテルに泊まれる日が来るとは!

f:id:seuzo:20170623163200j:plain

 この日は輪行袋で来たからよかったものの、自転車のママでは部屋には入れないそうです。バックヤードでも預かれないと。館内にコインランドリーはなし。朝食はバカみたいお高い。格式高いって大変なのねえ、星ひとつ。

 コインランドリーを求めて納屋橋のさらに向こう側まで歩きました。ったくよー。

f:id:seuzo:20170623163152j:plain

 洗濯おわって、地下鉄で今池まで。随分変わっちゃったな。*1

f:id:seuzo:20170623163145j:plain

あらたるとさんで軽くごはん。今池の夜はふける。

f:id:seuzo:20170623163138j:plain

*1:新今池ビルにあったスガキヤを思い出してかなしみを新たにしてしまう。もう、映画館もビリヤード場もないんだってよ。ダイエーやユニーがなくなったのはいつだつたか。 思い出なんて自分だけしか知らないフィクションだよねポエム。