ピンチ、レーサーパンツにスズメバチが!

 6月11日(土)晴れ。2〜3m/sくらいの南東の風。8時間11分(バイクタイム6時間42分)161.07km。寄居までの往復。行きは追い風で気持ちよく走れ帰りは逆風でのんびりと。

f:id:seuzo:20160613115434p:plain

 行きは押切橋で荒川の北へ渡り、彩甲斐街道(国道140号)を走りましたが、ちょっと交通量が多くてスピード高めでした。寄居駅についても何をするでもなく、そのままトンボで帰路につきました。帰りは旧道を走って重忠橋(六堰 - Wikipedia)を南に渡りました。初めて渡る橋でしたがどことなく懐かしい感じのする橋でした。

f:id:seuzo:20160613115426j:plain

f:id:seuzo:20160613115418j:plain

 畠山重忠公之像にちょっと立寄りました。畠山重忠は鎌倉時代の豪族で、馬を背負って坂を駆け上がったという逸話を示す銅像が立っています。地域の人々に800年の長きに渡って敬愛されている英雄です。

f:id:seuzo:20160613115411j:plain

 荒川CRの中流域を走っていると時々、バチンバチンと昆虫が当たって当たってきます。たいていは飛ぶのがヘタなコガネムシなどが多いのですが、たまにハチと接触することもあります。こちらも自然の中で遊ばせてもらっているので、こればかりは避けようがありません。この日も脇腹あたりにパチンと当たってふと下を見るとレーサーパンツにスズメバチが止まっているじゃありませんか! ひぇー。すぐに手で払い落としたいという衝動と、攻撃をすることで手を刺される可能性が交錯してあわあわしている間にどこかに飛んで行ってくれて事なきを得ました。やれやれ。

 ちょっとぐぐるとヘルメットの隙間に入り込んで頭やこめかみを刺されたという事例もあり、恐怖感がつのるばかりです。ヘルメットについてはやはりキャップやヘルメットインナーをつけるにこしたことはありませんな。

 衝突して体にしがみつかれた場合、虫除けスプレーはほとんど効かないらしいのですが、イヤな臭いのするものに掴まっていたくない効果を狙ってこの季節のお出かけ前にはシューッとスプレーしています。山の中を走るような時はヤブ蚊対策としても効果はあるので必須だと思ってやっています。ジャージ等も(河川敷や山の中を走るときは)白いものがいいかもしれません。

 もしスズメバチに刺されたら、すぐに手で絞り出すのがよいようです。口で吸い出すと毒針が口の中で刺さってしまうこともあるとか。オシッコは効きません。複数のスズメバチに刺されたら躊躇なく救急車を呼ぶのがよいようです。