読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しちゃったウエア

 初心者の自分が言うのもなんですが、ウエア選びはおそらく失敗の連続です。地味すぎたり派手すぎたり、大きかったり小さかったり。加えてライド中に気候も体調も変化しつづけるのでベストな選択もわかりません。

 この冬の始めごろに、防風のレーサーパンツを購入しました。ノーブランドのMade in Chainaで安かったという理由もあります。

f:id:seuzo:20160304153107j:plain:w300

 前面がすべて防風仕様になっていて、後ろは普通の裏毛ありポリエステル素材です。後面は通気性のある素材です。

f:id:seuzo:20160304153110j:plain:w300

 素材感がわかりずらいかと思いますが、ご容赦ください。

f:id:seuzo:20160304153113j:plain

 たしかに風を通さないのですごく暖かいです。気温5°以下の強めの風でも大丈夫でした(年末に行った霞ヶ浦はこれを穿いていきました)。しかし、1〜2時間も走ると汗で蒸れてびしゃびしゃになってしまうのです。つまり、1時間くらいは快適だけど2時間くらい過ぎるとベタベタしてしまうのです。ロングライドだけでなく、普段の30〜40kmくらい走っただけでもだんだん気持ち悪くなってきてしまうのです。もしかしたらブランド品の防風仕様では、ほどよい通気性が計算されていて蒸れないのかもしれませんが、それでもロングライドに適しているとは言いがたいと感じました。

 昨シーズンの冬には、通常の薄手のウインドブレークパンツを使いました。

f:id:seuzo:20160304153120j:plain

 これですと、適度にあたたかく通気性があって蒸れることはありません。気温が上昇してきたらリュックに入れることもできます。小さく丸めれば、ジャージの後ろポケットにも入ります。コンディションによって脱着できるのがウエアの基本だなあ、とつくづく思ったのでした。

 もう3月でそろそろ暖かくなってきました。あまり防寒防風を考えなくてもいい季節の到来です。