読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊香保温泉(その1)200km超え、江戸川右岸ぜんぶ、坂うらみ?

cycling 荒川 江戸川 利根川 美味しい wear LongRide

 8月の8日(土)〜9日(日)に伊香保温泉までサイクリングに行ってきました。今回の眼目は以下の3点です。

  • 200km超え
  • 江戸川右岸ぜんぶ
  • 坂トレーニング

 とにかく200km以上の距離をちゃんと体感したかったことが最初の目的です。ブルベとかで走っている人はどれくらいの距離を体感しているのだろう、と。以前、道に迷ったことで偶然200km/1日を超えてしまったことありますけれど、ちゃんと計画して走りたかったのです。

 午前中は曇で北の風2m/sくらい、午後から晴れ南風3m/sくらい。13時間45分(バイクタイム8時間53分)、218km。埼玉県久喜市近辺の最高気温は32.5℃。

f:id:seuzo:20150810153450p:plain

 朝の5時に支度を整え「さあ出発だ、アメデオ!」と出かける時にふと気がつきました。草履をはいていることに。

f:id:seuzo:20150810153434j:plain

 一旦荒川を下り、江戸川の河口まで出ました。距離をかせぐためでもありますが、もうひとつの目標として江戸川をぜんぶ遡上したかったんです。江戸川は利根川の分流で、関宿分基点から河口まで59.5kmあります。関宿水門のあたりがチーバくんの鼻先にあたるでしょうか。

f:id:seuzo:20150810153550p:plain:w300 f:id:seuzo:20150810153422j:plain:w300

 おひるごはんは久喜市にあるさとかたのランチ、なまず天丼ともりそば(大盛り)をいただきました。なまずは淡白でくさみもなく美味しかったです。開店が11:00〜なのですが10:30ごろについてしまい、自宅1Fを改装した店舗のガレージで不審者っぽく待たせてもらいました。

f:id:seuzo:20150810153540j:plain

 昼過ぎくらいからだんだん晴れてきて、直射日光が容赦ない感じになってきました。ここで、このあいだ入手した新兵器を満を持して投入。真夏に日なたで遊ぶ時用コス(写真は小さく自主規制)。

f:id:seuzo:20150810153530j:plain:w100

 アルカイダーズを彷彿とさせる怪しさです。パールイズミのUVフェイスカバーという専用品ぽいものもありましたが、ちょっとお高くて手が出ませんでした。どんなものかもわからないし。

 で、これ、(見た目さえ気にしなければ)そんなに暑苦しいものではないです。直射日光を避けられる分涼しいくらいです。顔周りだけでなく首の後ろもカバーしてくれるます。脱着もマジックテープですぐできます。中東の女性のスカーフやアバヤには、宗教的な意味合いとともに実用的な面もあるかもしれません。ま、見た目さえ気にしなければ(しつこい)。

 利根川の坂東大橋から渋川市まで幹線道路でない一般道を走ったのですが、ちょっと気がついたことがあります。前橋〜渋川までの一般道では、クルマのドライバーさんが自転車に対して気を遣ってくださっていると感じました。先月、渋川まで行った時にも同じことを感じましたので、たまたま偶然ではないとおもいます。クルマが自転車に接近するときはスピードを緩めてくれているようですし、迂回間隔も広いように感じました。車間距離も広くとっていただいているようだし、ハンドサインも見逃さずに減速してもらえたました。1度や2度ではなく、多くのドライバーがそうされるので大変走りやすく、かつ安全に感じました。

 首都圏の近県ではこのようなことを感じた経験は(残念ながら)あまりありません。群馬県では自転車に対して特別な教習がされているのでしょうか。あるいは、もっと何か別の理由があるんでしょうか? 群馬県全体ではなく前橋市だけのことなのか? ともかく、安全にサイクリングを楽しめたことに感謝しています。

 ぼくは普段川沿いをチンタラ走っているせいか、坂に弱いのです。ヒルクライムとまではいいませんが、少しトレーニングをしないとな… こないだの奥多摩湖も割と普通に登れたしな… くらいの意識の高さで今回の目的地を伊香保温泉にしました。ルートラボで調べると、渋川駅から伊香保温泉入り口までの8.4kmは平均斜度6%の登りです。

 で、あらためて坂に弱いことを確認しました。足が2回くらい攣りましたし、正直言って半分くらいは押していました。ホテルに着いた時「あー、このへんが限界っぽい」と感じました。普段の日常生活ではなかなか味わえない絞り加減です。オレ、まだまだ伸びしろあるな。

 この日お世話になったホテルは伊香保グランドホテルです。口コミでも明らかなように「温泉旅館」だと思って行くとちゃぶ台をひっくり返したくなるレベルですが、温泉地にあるビジネスホテルだと思えば、部屋は広いし食事もそこそこだしビールは飲み放題だし安いしで、言う事ありません。だいたい、200km以上走って足をクーリングしたいくらいで、ゆっくり温泉に入る気にもなりませんしね。サイクリストのみなさん、そういう意味でここはおすすめですぞ。自分にご褒美をあげたい人は事前にカニを頼むとよろしい(つまりカニがないととても寂しい)。たいへんおいしゅうございました。

f:id:seuzo:20150810153724j:plain

 ホテルの目の前にコインランドリーがあるのも嬉しいです。が、ぼくが世間知らずだと思んだけど、観光地のコインランドリーは世知辛いのね。ゴルフ場も近くにあるし、大人価格でした。

f:id:seuzo:20150810153716j:plain